*たわごとコラム

「ガラスのジゼル(原題・Gisele de Verre)」

私が「Gisele de Verre」に初めて出会ったのは、ルーブル美術館の児童書売り場でした。
その児童書売り場は、奥の方でアート本の売り場と繋がっていて、
「Gisele de Verre」はちょうどその辺りに置いてありました。
カテゴリーとしては、“子どもの本とアート本の間”に
位置付けられていたのだと思います。

“絵本=子どもの本”という捉え方はおそらく世界共通のものですが、
よく考えてみるとなんの意味もない概念ですよね。
この、無意味だけれど世界中に深く浸透した概念が、
いったいどれほどの弊害を産んでいることか。
「もっと自由に絵本を捉えてもいい」という提言はもちろんこと、
「もっと自由に絵本を“制作”してもいい」はずなのです。

国際児童書展などで世界の絵本を見比べてみると、フランスはとりわけ
そのような概念を払拭する価値観が大きい国なのだと感じます。
フランスでは、絵本が表現手法の一つとして確立されており、
アート本との境界線はもはや存在しませんが
だからといって、そのような絵本を“大人のための絵本”などと
うたっていないところがまたいいのです。

「Gisele de Verre」には、絵本を広い視点で捉えようとする“フランス絵本”の独自性が
よく表われていると思います。テーマといい、タイトルといい、
アートワークといい、印刷製本といい、どの過程をとってみても、
質の高いセンスを感じます。
内容のみならず本のつくりも繊細な作品で、 実のところ翻訳本の制作は難関続きでした。
技術的な面だけでなく、それこそガラスのように繊細な作者の感性を
本という形に結実させるために注意深く制作が進められました。
編集工房くうさんの情熱には、本当に頭が下がります。

本というのは、作者一人では作り出せないもの。
よき本の出版には、関係者の情熱が不可欠なのだと、つくづく実感しました。

アレマーニャさんも、 きっと喜んでいることでしょう。
ガラスのジゼル

銀色の帯にも、アレマーニャさんのイラストが透かし絵のように印刷されています。

「マシュリカの旅(原題:DAREK)」

「マシュリカの旅(原題:DAREK)」は、私にとって特別な絵本です。
数年前に、この本に一目惚れした時には、まさか後に自分が翻訳出版に関わることになろうとは思ってもみませんでした。今振り返ってみると、DAREKはプレシャスブックスにたくさんの“不思議な縁”をもたらしてくれました。その数々の縁によって、翻訳本の出版が実現したのです。

ご存知の通り、DAREKの作者はパレチェクさんの奥様、出版したのはお嬢さんです。 私はそれを知った時、この絵本にはパレチェクさんご夫婦が本当に伝えたいと思っていらっしゃるメッセージが込められているのだと感じました。

DAREKはチェコ語でプレゼントという意味です。物語を読むと、まさにこの作品はお二人からの“プレゼント”なのだということが分かります。また、私がこうしてこの本を皆さんにご紹介しようとしていることそのものが、いつの間にか受け取っていた“プレゼント”なのではないかと思えてきます。DAREKは、人から人へと伝わり、様々な縁を生み出し、喜びを広げました。その事実が、この絵本の内容にそっくりそのまま重なります。

「マシュリカの旅」が出版されることを、パレチェクさんご夫婦もとても喜んでいらっしゃいます。先日、パレチェクさんから送られてきたメッセージには「日本での発売をとても楽しみにしています」というコメント共にイラストが描かれていました。犬がシャンパングラスとリボンを持っている絵です。

実はこの犬、店主Cなのです。
いつからかパレチェクさんは、メッセージにいつも店主Cを描いてくださるようになりました。「マシュリカの旅」に同封させていただこうと思っているプレゼントは、このイラストを添えた、原書の表紙と同じデザインのカードです。このカードは、パレチェクさんご夫妻がご好意で送ってきてくださったものです。

DAREK-CARD
(パレチェクさんに了解を得て掲載させていただきました。)
*数に限りがありますので、無くなり次第プレゼント企画は終了させていただきます。

「マシュリカの旅」に込められたメッセージが、一人でも多くの人の元に届きますように。

孤独なへっぽこ

「マシュリカの旅」「ガラスのジゼル」、 2.3日中には入荷できそうです。
もうしばらくお待ちくださいね。

未だ座っていられる時間が限られているので、更新が遅れがち。
生まれながらのへっぽこ体質がうらめしい・・・
店主Cもどこかでこけたらしく、ここ数日片足を引きずっていて、
店主Bに「へっぽこチーム」といわれてしまいました。

店主A&Cは互いにかばいあい、
「あ〜そうですとも、あたしたちはどうせへっぽこよ。」などと
健康優良な店主Bを牽制していたのですが、店主Cの足はあっという間に治ってしまい。
今は私だけが孤独なへっぽこです。

「マシュリカの旅」と「ガラスのジゼル」

マシュリカの旅今日は嬉しいお知らせがあります。

このほど、ヨゼフ・パレチェクさんの絵本「マシュリカの旅(原題・DAREK)」と、ベアトリーチェ・アレマーニャさんの絵本「ガラスのジゼル(原題・Gisele de Verre)」が、新進気鋭の出版社・編集工房くうから出版されました。

微力ながらプレシャスブックスも制作のお手伝いをさせていただきましたので、感慨もひとしお・・・
店主A・B共に、刷り上がったばかりの2册を眺めては
ニコニコしています。

ガラスのジゼルもちろんプレシャスブックスでも、入荷し次第販売を開始する予定。「マシュリカの旅」の方には、ささやかですがプレゼントを企画しています。

出版に寄せて、パレチェクさんがあたたかなメッセージを届けてくださいました。
詳細は追ってご報告させていただきますね。

もうすぐ1年

はやいもので、ここに越してきてからもうすぐ1年になります。
最初はとにかく、仮住まいをしてみようという軽い気持ちでやってきたのですが、
今ではすっかりこの土地が気にいってしまい、
『この辺りに根を生やそう』という気持ちが強くなってきました。
私たちのような、他からやってきた人たちのほとんどは、人里からは少し離れた
高台で眺めのいい別荘地などに移り住むことが多いようなのですが、
私たちは、この辺りの人たちのあたたかさに惹かれているので、
できれば人里に家を見つけて移り住みたいねと話しています。

ここは本当に小さな街で、魚屋さんや八百屋さんがポツポツとあるだけで、
スーパーも無いし、もちろん本屋さんも無いし、
かといって、とくに観光名所というわけでもないし・・・
ごくごくありきたりな海町なのですが、
その普通なところがなんだかすごく気に入りました。

例えばこんなところで「古本屋」なんか営んでみたらどんな感じなんだろうと
ふと想像してみたのですが、どう考えても経営が成り立ちそうにありません。
でも、いつも店主Cを可愛がってくれる魚屋さんのとなりに絵本屋なんかがあったら、
地元の子どもたちのたまり場にはなりそうです。
なんてたって、本屋は隣街まで行かないと無いのですから。
(もしかして、プレシャスブックスってこの街唯一の本屋?)

そろそろ本格的に家さがしをしようと思います。

仲良し

うちではいつも、生ごみを古新聞に包んで捨てています。
そのために、キッチンに4分の1にカットした新聞の束を常備しているのですが、
今朝、その中の一枚がテーブルの上にパラリと置いてありました。

仲良し
朝日新聞 10月12日

「なんだか、ゴミ包めなかった。」
ゴミ出し当番、店主Bのセリフ。
その新聞の切れ端には、こんな写真が・・・

これは野ネズミ?
タイトルは「仲良し」ですが、
仲間の頭にかぶりついている“いたずらっこのネズミ”?にも見えるし、ネズミの着ぐるみを着ている“おちゃめなネズミ”?にも見えます。
リアルなネズミ帽子をかぶった“おしゃれなネズミ”?に見えなくもない。
・・・真相は不明。
でもやっぱり、タイトルをつけるなら「仲良し」かな。

It’s gorgeous day!

寒くもなく、暑くもなく、爽やかな風が吹いていて、
雲一つない青い空・・・
今日はそんな一日でした。

いつだったか、今日と同じような秋晴れの日に、知り合いのアメリカ人・J.J.が、
手を大きく広げて「It’s gorgeous day!」と鼻歌まじりに言っていたのを思い出します。
それまでの私は、gorgeous(ゴージャス)という言葉に、きらびやかで高価で、
もっと装飾的なイメージを持っていました。
“ゴージャス=豪華=人工的で、物質的な豊かさ”という印象だったのです。

『今日のような日は、一生のうちにどれくらいあるかしら?』
ついついそう考えてしまうのが私の癖。
爽やかな日というだけではなくて、とりあえず、こういう日を楽しめるような心のゆとりが少しでもあること。平穏や健康が大きく失われていたなら、そんなゆとりは失われてしまうかもしれないので「It’s gorgeous day!」と叫ぶことのできる日は、そう多くないような気がするのです。

そう思うと、こんな日を漫然と過ごしてしまうのは心底もったいなくなって、いつも即興でイベントを企画します。即興ですから、大したことをするわけではありません。ちょっと遠くまで散歩をしてみたり、高いところに登ってみたり・・とにかく外に出て行きます。
仕事とか、家事とか、あれとかこれとか、やらなくてはいけないことが山積していても、大勢に影響がないものはとりあえず一時停止にして、できるだけ頭を空っぽにして出かけます。たった一時間でもいいのです。人生に何度とないgorgeous dayを味わうためなのですから・・・

今日は、“海でコーヒーを飲もうじゃないか!”というイベントを実行しました。
家を出る直前に、丁寧にコーヒーを入れてポットに詰めました。
gorgeous dayに缶コーヒーは似合いません。紙コップでもダメだ!・・と思いました。
ですから、カップも持参して、それから店主Cのおやつも持って出かけました。

ゴージャスデーコーヒーはほんのちょっとだけ浜砂まじりになりましたが、 それも海のスパイスということで・・・
いつものお散歩が、なかなかゴージャスなイベントになりましたよ。

次はビールかな・・(笑)

ゴージャスデー2
*浜辺にある小さな公園のベンチは、地元のおじさんたちの特等席。
藤棚が日よけになっています。

アユ・チーム

最近、浜でイカ・チームを見かけないなぁと思っていたら、
カワセミや鷺の餌場でアユを狙っていました。
つまり、アユ・チームになっていたのです。

ちょっと複雑な気持ち・・・
カワセミ、カム・バック・・・サギ、カム・バック・・・

シルエット絵本といえば・・・

シルエット絵本ほるぷ出版が1982年に発行した「複刻 世界の絵本館 ベルリン・コレクション」(*)の中に、“Neue Silhouetten-Fibel”というタイトルのシルエット絵本があります。→
タイトルの意味はまさに“新シルエット絵本”。
添付資料によると、1859年にブレスラフで発行された本で、
作者はFrohlich, Karl-カール・フレーリッヒ (1821-1898)
この方は、ドイツにおけるもっとも優れた切り絵作家といわれているそうです。

シルエット絵本2カール・フレーリッヒの作品
Titel: Schatten-Liliput. 1917

影絵や切り絵によるシルエット画は、18世紀後半、ヨーロッパで流行し
ドイツでは19世紀半ばまで、とくに横顔のシルエットが盛んに制作されたとのこと。
何につけ簡単、ローコスト、・・なのに美しい、というのが普及の理由だったようです。

中原淳一さんも、いつかどこかでこういった本たちを目にしたのでしょうか。
だとしたら、それらはとても異国情緒あふれる意匠として、中原さんの胸に焼き付いたに違いありません。
初めて手掛けた翻訳童話の挿し絵を「外国らしい雰囲気を出すために影絵で描いた」という氏の言葉からも、想像できます。

絵本に限らず、文化はこうして互いに影響しあって、変化し、それぞれに熟して独自の世界を築いていきます。そしてそれがまた他に影響を与え、新たな潮流を生み出してゆくのです。

自分が感動したものを作りだした人・・・その人を感動させ、影響を与えた人・・・
私はしばしば、そんなふうに作品を手繰り寄せて観賞します。すると、結局日本の作家や作品に辿り着くことも多く、それが自国の文化を見直すきっかけにもなりました。

この流れをミクロに考えれば、“感動して影響を受ける”ことの、くり返し・・・感動は創造の源なんですね。そう思うと、なるべく多くのものに出会いたいと、願わずにいられません。


*「ベルリン・コレクション」 
 1951年、ドイツ国立図書館に児童図書部門が設立され、第2次大戦で荒廃したヨーロッパ諸国の児童書を収集。現在では1945年以前に出版された古い児童書だけでも約3万8千点を所蔵。
 ほるぷ出版から1982年に発行された「複刻 世界の絵本館ベルリン・コレクション」では、ドイツ、フランス、ロシアなどの名作20点を復刻しています。所蔵している図書館も多いので、是非ご覧になってみてください。

思い出のハンカチ

ハンカチ
先日シルエット絵本をご紹介した時のこと、なんだかとても懐かしい気持ちになって、急に、子どもの頃に大切にしていた宝物を思い出しました。
それが、このハンカチ。
何度も引越しを繰り返しているので、子どもの頃のものはほとんどどこかにいってしまったのですが
「もしや・・・」と思って探してみたら、アルバムと一緒の箱にしまってありました。

5.6才の頃、10才年上の親戚のお姉さんが、集めていたハンカチを全部譲ってくれて
その中に、何枚かこういうシルエット画のものが含まれていたのです。
2枚とも使われた形跡がなく、片方にはタグシールが残っています。
やはり、中原淳一さんのものでした。

あの頃、お姉さんが持っているものは、どれもこれも素敵に見えました。
少女雑誌や、文房具や、部屋に飾られている雑貨の中に、
いくつかシルエット画のものがあったことを今でもはっきりと覚えています。

中原さんは、『少女の友』で初めて翻訳童話の挿し絵を手掛けることになったとき
「外国らしい雰囲気を出すために影絵で描いた」とおっしゃっています。
その後、『ひまわり』に同氏の影絵による
「シンデレラ姫」や「ハンセルとグレテル」が掲載されたのが1940年代後半。
やはり、ブームの火付け役は中原さんだったと言えそうです。
もちろん、影絵といえば藤代清治さんなども有名ですが、
中原作品の乙女チックなイメージに、当時の少女たちはすっかり魅了されていたのですね。

私の中では、親戚のお姉さんへの憧れと、乙女チックなシルエット画が結びついて、
懐かしい思い出になっています。
こんなふうに、オランダのシルエット絵本が、追憶の切っ掛けになるとは思ってもみませんでした。

最近、中原淳一さんの本の復刊が続いているようですね。
JUNICHIシルエット絵本」というシルエット画の本も発行されています。
ブーム再来?でしょうか。
時代が一巡したのですね・・・しみじみ。

イカ・チーム

「最近、獲物が減った」とイカ・チームがぼやいています。
イカ・チームというのは、夕方仕事が終わった後に、
浜に釣りをしにくる地元のおじさんたち3人組のこと。
店主Cの散歩時間と重なるので、頻繁に顔を合わせます。
ちなみに今は“イカ・チーム”だけど、冬は“ナマコ・チーム”、
ちょっと前までは“イワシ・チーム”でした。

各々仕事着のままやってくるので、青のつなぎ姿だったり、
安全第一と書かれた白いヘルメットをかぶったりしていて、
なかなか個性的な釣り人たちです。
仕事が長引いて浜にやってくる時間が遅くると、
他のメンバーに「今日は出勤が遅せ~じゃねえかよ~」と言われてしまいます。

釣れれば、晩ご飯のおかずが増えるので、3人とも真剣そのもの。
私たちも、獲物入れのバケツを覗かせてもらうのが楽しみになりました。
たくさん釣れていると、自分の獲物でもないのにうれしくなって、
おじさんたちとの会話も弾みます。

ところが、夏頃からバケツが空っぽの日が多くなりました。
夏休みの直前、海岸整備のための工事があって、
それ以降さっぱり釣れなくなってしまったというのです。
気のせいか、ここ数日イカ・チームの姿を見かけません。

浜にイカ・チームがいないということは、海にイカがいないということです。
イカ・チームのいない海なんて、海じゃない・・・
イカ・チーム、カム・バーック! イカ、カム・バーック!

金木犀が満開

この辺りでは今、金木犀が満開。
町中がいい香りになって、窓を開けるだけで幸せになります。
毎年心待ちにしている大好きな季節。

好きなものには鼻がきくので(笑)、いつも、つぼみがほころび始めた時点で
「あ・・咲き始めたな」と分かります。
例年は、9月の下旬に咲き始めることが多かったように思うのですが、
今年は10月に入ってからとなりました。
この地域が温暖だからなのでしょうか? 

花期はたった1週間~10日で、その間に強い雨が降ったりすると、
花はあっという間に落ちてしまいます。

子どもの頃、その香りが名残惜しくて、なんとか保存しておけないものかと
落ちた花を集めて小さな瓶に入れてみたり、ポプリのように乾燥させてみたり、
押し花にしてみたりしましたが、うまくいきませんでした。

大人になって、芳香剤やお酒など“キンモクセイの香り”をうたっているものは
なんでも手に取ってみましたが、どれも本物には程遠いものでした。

季節の花とはそういうものですが、
花期が短く儚い花というのは、いっそう愛おしく感じられます。

この時期だけ・・・と思うと、散歩の時間も長くなります。

この時期だけ・・・と思うと、呼吸が深くなります。

この時期だけ・・・

この時期だけ・・・

PADE TOP