子供は子供だった頃
腕をブラブラさせ
小川は川になれ
川は河になれ
水たまりは海になれと思った
子供は子供だった頃
自分が子供とは知らず
すべてに魂があり
魂はひとつと思った

子供は子供だった頃
なにも考えず
癖もなにもなく
あぐらをかいたり とびはねたり
小さな頭に 大きなつむじ
カメラを向けても 知らぬ顔

子供は子供だった頃
いつも不思議だった
なぜ 僕は僕で君ではない?
なぜ 僕はここにいて そこにいない?
時の始まりは いつ?
宇宙の果ては どこ?
この世で生きるのは ただの夢?
見るもの 聞くもの 嗅ぐものは
この世の前の世の幻?
悪があるって ほんと?
悪い人がいるって ほんと?
いったい どんなだった
僕が僕になる前は?
僕が僕でなくなった後
僕はいったい何になる?

子供は子供だった頃
ほうれん草や豆やライスが苦手だった
カリフラワーも
今は平気で食べる
どんどん食べる

子供は子供だった頃
一度は他所の家で目覚めた
今はいつもだ
昔は沢山の人が美しく見えた
今はそう見えたら僥倖(ぎょうこう)
昔ははっきりと天国が見えた
今はぼんやり予感する
昔は虚無など考えなかった
今は虚無におびえる

子供だった頃 子供は遊びに熱中した
今は あの熱中は 
自分の仕事に追われる時だけ
子供は子供だった頃
リンゴとパンを食べていればよかった
今だってそうだ

子供は子供だった頃
ブルーベリーがいっぱい降ってきた
今だってそう
胡桃を食べて舌を荒らした
今も同じ
山に登る度に もっと高い山に憧れ
町に行く度に もっと大きな町に憧れた
今だってそうだ
木に登り サクランボを摘んで
得意になったのも 今も同じ
やたらと人見知りをした
今も人見知り
初雪が待ち遠しかった
今だってそう

子供は子供だった頃
樹をめがけて槍投げをした
ささった槍は 今も揺れている