• 2009-01
  • 2009-01
  • 2009-01
  • 2009-01
  • 2009-01
  • 2009-01
  • 2009-01

For ladies 99 マザー・グース 3冊

作者
挿絵/アーサー・ラッカム, 訳/寺山修司, 装幀/宇野亜喜良
出版社
新書館
発行・言語
1977〜8年 初版 日本語
体裁・頁数
ハードカバー
170×156×12〜mm
仕様
図版:カラー写真+レシピはモノクロ
紙質:アート紙+中質紙
表紙:一色刷り
カバー:グロスPP加工
状態
】状態:Vintage-A-/B  経年変化 小口くすみ カバースレ(画像参照)
<ヴィンテージ本の状態について>

イギリスのアーサー・ラッカム(1867〜1939)の挿絵に、寺山修司の翻訳、さらに装幀は宇野亜喜良というめくるめくアーティストの組み合わせによるマザーグース。なんと豪華な顔ぶれでしょうか。カラーイラストの他、ノスタルジックなモノクロカットも多数掲載されています。
「妖精が隣人として生きている」と評されたラッカムの挿画ももちろん素敵なのですが、本書の魅力はなんといっても、訳が寺山修司であることです。あとがきに、北原白秋や谷川俊太郎らによるマザー・グースの翻訳の違いについて述べられているのですが、同じうたが、こんなに違ったニュアンスになるのかと、ちょっとびっくり。寺山修司の訳は、原詩にはないフレーズが付け加えられたりしてるのですが、その広がりがまさに、寺山修司ワールドともいうべき詩的世界なのです。

販売価格(税込)
¥4,800
在庫状態
在庫有り

PADE TOP