|  HOME  |  Help・Information  |  サイトマップ・Serch |  ご注文フォーム  |  |

特設本棚


プレシャス・ブックスは、新サイトをオープンしました。
現在、順次データベースの移行中です。
もしも、こちらのサイトに掲載されている本にご要望がございましたら、
ご注文フォームかメールにてお知らせください。
お手数をお掛けしますが、何卒よろしくお願いいたします。


*新サイトはこちらから*


ロシア・旧ソ連の作家による作品  New Books & Collectibles

INSIDE
Froschlein, Baer und Ziegenbock.
by W..Sutejew , Sergej Michalkow , Alf Proysen
Leiv Buchhandels 1997年発行
SIZE:22×16.8 ハードカバー
*新本/ドイツ語の本
商品番号:510-36
¥1690
little frog, Bear and goat support.
イラストはすべてW.Sutejewですが、原作者が他に二人、それぞれ2作ずつでお話の数は全部で6つです。タイトルにもなっているカエルのお話が、印象的。

【イラスト】全ページ、カラー 【厚み】約1cm 87P【紙質】マット系アート紙 【表紙】エンボス紙につやありPP加工 【カバー】なし


Vidam mesek
by Wladimir Sutejew
MORA 2004年発行
SIZE:14.8×22.5  ハードカバー
状態:A-/No
*ハンガリー語/新古本

商品番号:1203-02
¥2650
Happy Tales
ロシアの絵本作家 Wladimir Sutejewのどうぶつ絵本(ハンガリー語)・・・表情豊かな動物たちがモチーフのショート・ストーリーが13編収められています。多様なイラスト満載で、レイアウトも変化に富んでいるので、コンパクトながらも満足感のある一冊。未使用ですが出版年が古いので新古本扱い。古い版なのでアイボリー系の温かみのある紙が使われています。

【イラスト】全見開きにカラーイラスト
【厚み】約1.2cm 160P【紙質】アイボリー系中質紙【表紙】グロスPP加工 【カバー】なし


DAS WEISHEITSKORNCHEN
von Holger Pukk
Perioodika 1978年発行
SIZE: 20 x 27.5 ペーパーバック
状態:Vintage-B /No 経年変化
*ドイツ語/古本
商品番号:808-12
¥1680

バルト三国のエストニアで制作された絵本ですが、印刷は旧ソビエト。(エストニアはもとソ連領)ソ連もペーパーバックの絵本が多い国、エストニアもその影響を受けているのかもしれません。一枚の絵の中にコマ割でいくつかのシーンが描き込まれていて、ストーリーが予測できます。全体的にリズム感があって、スライドで見ているような印象を受ける絵本です。

【イラスト】全ページ、カラーイラスト 【厚み】約0.5cm  35P【紙質】上質紙 【表紙】ペーパーバック【カバー】なし


 

新読書社のロシア絵本
新読書社は、主にロシアに関係する書籍を発行している個性的な出版社。中には、現地で印刷製本しているものもあり、紙質や印刷に味わいがあって、素朴な魅力があります。このような古い作品については、同じ条件で重版される可能性はほとんどないといっていいでしょう。既に在庫数が少なくなっているものもあり、そういう意味ではかなり貴重な絵本たちです。


これらの本は旧ソビエトで印刷・製本されています。
全て新本ですが、日本の本に比べて、印刷・製本の技術が劣ります。
また発行からすでに長い年月が経っていますので、
経年による変化が見られる本もあります。

*新読書社の本の消費税表示について
消費税が導入される以前に発行された本は、裏表紙に本体価格のみが表示されています。
また3%の時代に発行されたものは、本体価格と3%の税込み価格が表示されています。
このサイトで表示しているのは、現在の税込み価格(8%)です。

黒いめんどりと地下のこびとたちの物語
アントニー・ポゴレリスキー/著
室原芙蓉子/訳
新読書社/ラードガ出版所  1989年初版発行
SIZE:28.7 x 22.5  
ハードカバー+ビニールカバー 53P
*新本
商品番号:51-36
SOLD OUT
ソビエトの子どもの本シリーズ。Printed in USSR。
もともとは1829年に出版された子供のための魔法物語。中世ロシアの薫り漂う、いぶし銀のような味わいの絵本です。作者が自分の甥(後に有名な詩人となったA.トルストイ)の為に書き、大作家レイ・トルストイに絶賛された作品。


シューリクのまほう
エヌ・ノーソフ/作 イ・セミョーノフ/絵 
福井研介/訳
新読書社 /プログレス出版 1982年初版発行
SIZE:20 x 27 ハードカバー
*新本
商品番号:51-32
SOLD OUT
Printed in USSR。
幼い兄弟が、おじいちゃんの家で過ごした夏の思い出を描いた作品。兄の目線で、弟のシューリクを語ります。どちらかというと真面目な性格の兄からすると、天真爛漫なシューリクはちょっと不思議な存在です。
私がこれまでに出会ったソ連の絵本の中では、ペン画に彩色したこのようなタッチのイラストは珍しいです。


ロシアの民話 銀色の馬
マーブリナ/さく ばばともこ/やく
新読書社  1983年発行
SIZE:22.6 x 28.7 ハードカバー
状態:A /No
商品番号:410-5
SOLD OUT
“回転木馬”などの作品で日本でも有名なマーブリナさんの作品。こうして、背景が真っ赤に塗られていると、ちょっとイメージが変わりますね。
お話の内容はトルストイの「イワンのばか」がベースになっています。 3人兄弟のうち、一番誠実で優しい末っ子のイワンは、その愚直さゆえに“バカ”呼ばれているのですが、結局はそんなイワンが、お姫さまを射止めるというお話。


マーシャ よるの おさんぽ
ガリーナ・レーベジェワ/さく みやしたひろこ/やく
新読書社  1983年発行
SIZE:22.6 x 28.7 ハードカバー
状態:A /No
商品番号:410-6
SOLD OUT
ベットに入ってもなかなか寝つけないマーシャは、枕や布団が悪いからだと腹を立てて部屋を抜け出します。犬小屋に行ってみたり、鳥小屋に行ってみたりするのですが、結局は自分のベットが一番だと気付きます。 点描のイラストは全体的にグレイッシュ・ブルーの色調で、三日月の夜の弱い光を集めたような印象です。 “青い”イメージの絵本。


ヤドカリとバラ
ボリス・ザホデール/作 ばばともこ/やく カリノフスキー/絵
新読書社  1990年初版発行
SIZE:27 x 20  ハードカバー+ビニールカバー
80頁/全カラーイラスト/上質紙
*新本
商品番号:51-43
定価:¥1325

印刷製本、ラドーガ出版所。イラストのタッチといい、タイトルといい、本の体裁といい、お話の内容といい、紙質や印刷のクオリティーといい、何から何まで異邦な感じのする、なんとも魅惑的な本。作者ボリス・ザホデールは、暗い戦乱の時代に生き、ユーモアや微笑みが人にとってどれほど大切なものかを思い知ったといいます。暗さと深さとユーモアが交錯する不思議な世界観。

*日本の本に比べると紙質や印刷・製本技術が劣ります。


6つのお話のオムニバス。
ヤドカリとバラ
はいいろのおほしさま
ちびうさぎ
なぜおんどりは3かいなくの
きつねのさいばん
うたをうたうおおかみ



これらの本は旧ソビエトで印刷・製本されています。
全て新本ですが、日本の本に比べて、印刷・製本の技術が劣ります。
また発行からすでに長い年月が経っていますので、
経年による変化が見られます。

以下の本は、日本で印刷製本されています
------------------------------------

ちょうちょう
マーヴリナ/絵 コヴァリ/文 中村千春/訳
新読書社  1995年初版発行
SIZE:28.5 x21.5  ハードカバー+カバー
28頁/全カラーイラスト/マットコート紙
*新本
商品番号:412-38
定価:¥1890
「回転木馬」などの作品でも有名なマーヴリナさんの作品。花や蝶や動物をモチーフに描いていて、アート性の高い挿画ばかり。絵本というよりも画集を見ているような印象です。鮮やかな色の組み合わせは、ウクライナの民族衣装から影響を受けたものだとか。「ちょうちょうのことを空飛ぶ花だとよんでいます。」--それが最初の一文。


バレエ少女アーシャ
ルコーニン/作 佐伯靖子/翻案 ドゥビードフ/絵
新読書社  1996年初版発行
SIZE:26 x 19  ハードカバー+カバー
28頁/全カラーイラスト/マットコート紙
*新本
商品番号:412-32
定価:¥1600
人形の精に助けられ、プリマドンナになる夢を叶えた少女アーシャを描いたバレエ絵本。絵を描いたドゥビードフさんは、ロシアで国家賞を受賞している著名な画家。鮮やかな黄色、赤、緑、青・・・が独特のパターンで彩色されていて、それがロシアの民族や文化のベースと繋がっているように感じます。ロシアはバレー大国、たくさんの子供たちが夢見る世界なのかもしれませんね。


ピエロの人形
ローベルト・バブロヤン/作 ヴィクトル・ドゥビードフ/絵
いじゅういんとしたか/再話
新読書社  1996年初版発行
SIZE:20 x27 ハードカバー
*新本
商品番号:51-39
定価:¥1,835
この絵本は、実在のピエロをモデルに描かれています。1935年、モスクワ生まれのエンギバーロフ。60年代から70年代に活躍した天才ピエロです。パントマイム、映画、音楽・・・と、次々に才能を開花させ、“ヨーロッパ最高のピエロ賞”まで受賞しましたが、37歳の若さで急逝。今では伝説の道化師として語り継がれています。

絵はとてもカラフルで、子供が描いた絵にも似た迫力があるのですが、お話は哀愁に充ちています“ 今は亡きピエロがカセットテープに吹き込んだ日記”を聞きながら、その人生を回想するという構成で、道化師に付きまとう哀しいイメージが、この作品の中にも溢れています。


おしゃべりはえの子ぶんぶんこちゃん
コルネイ・チュコフスキー/作 マイ・ミトゥーリチ/絵
佐伯靖子/訳
新読書社  1992年初版発行
SIZE:19 x27
*新本
商品番号:51-41
定価:¥1,223
日本で印刷製本されたものですが、画用紙のような紙が使われており、マイ・ミトゥーリチさんのやわらかなタッチもあいまって、とてもあたたかな印象の絵本に仕上がっています。
コルネイ・チュコフスキーは、ロシアの子供たちに「コルネイおじさん」と呼ばれ、とても親しまれている作家。おしゃべりなハエを絵本の主人公にしてしまう想像力には脱帽ですが、“ぶんぶんこちゃん”という名前の翻訳にも感服です。イラストがとにかく魅力的で、ミトゥーリチさんのファンにはおすすめの作品。


おんどりコッコちゃん ふゆの一日
マイ・ミトゥーリチ/絵 ライサ・クダショワ/作 吉田知子/訳
新読書社  2002年初版発行
SIZE:15.5×25  ハードカバー+カバー
24頁/全カラーイラスト/上質紙
*新本
商品番号:412-30
定価:¥1260
世界的に有名なロシアの挿し絵画家、マイ・ミトゥーリチさんは、日本との縁が深く、過去何度か来日されていて、御夫婦で一年間北海道に住んでいらしたこともあるそうです。新読書社とも非常にご縁が深いそうで、この作品は同社の設立50周年の時に、マイ・ミトゥーリチさんが出版を勧めてくださったものだとか。墨絵にも通じるやわらかな筆運びの画風は、日本人の私たちの感覚にすっと馴染みます。けれども、マイ・ミトゥーリチさんが日本から学んだものも大きいのかもしれませんね。


コマンドルの島じま
マイ・ミトゥーリチ/絵 文
伊集院 隆介 /訳
新読書社  1992年初版発行
SIZE:19×26  ハードカバー+カバー
*新本
商品番号:52-3
定価:¥1,223
カムチャッカ半島の北、ベーリング海に浮かぶベーリング島、銅の島、エトピリカ島の自然や、島に住む動物たちの営みを描いた作品。マイ・ミトゥーリチさんはロシア中を旅して回り、各地の自然や動物を写生して歩いた人。ここに描かれているのは想像や、写真からの模写ではなく、彼が自分自身の目で見たものなのです。


海がみえるよ、ペルー!
高塚 昌彦/文, ベーラ・フレブニコワ/絵
新読書社  1995年初版発行
SIZE:26×19  ハードカバー
*新本
商品番号:52-2
定価:¥1,223
ペルーは山奥の村に住んでいる少年です。一番好きなのは地面に絵を描くこと。ペルーは海を見たことがありませんが、動物たちからいろんな話を聞き、想像力を働かせて絵を描きます。そうしているうちに、どうしても本物の海が見たいと思うようになってゆきます。
ベーラ・フレブニコワさんは、マイ・ミトゥーリチさんの娘。親子で絵本の仕事をしているなんて、素敵ですね。




チェブラーシュカとなかまたち
ウスペンスキー/さく いじゅういんとしたか/やく
新読書社 2001年初版発行
SIZE:21.5 x 16  ハードカバー
*新本
商品番号:51-17
定価:¥1050

表紙・カバーのデザイン、中頁のレイアウトが改訂されていますが、内容は旧版と同じです。イラストの雰囲気は、旧版のものを参考にしてくださいね。>>INSIDE

チェブラーシュカはなんと30年も前に翻訳されていたんですね〜。今ではすっかりパペットの姿が定着していますが、この本の中ではまるで黒いタヌキみたいに描かれています。でも、これはこれで可愛いよね。挿し絵はどれもモノクロですが、線に独特の味があっていい感じ。(アルフェーフスキーさん、かなりうまい! ) 思わずクスクス笑い出してしまうような文体で、アニメとはまた違った,素朴な魅力を持っています。

ウスペンスキーさんは、1937年モスクワ生まれ。詩人にして児童文学者。1965年に童話『おかしな子ゾウ』で作家としてデビューし、1966年、チェブラーシュカが登場する『ワニのゲーナとなかまたち』の成功で人気作家になりました。




ご注文はフォームで >> ORDER FORM
>> HOME
このページのトップへ